加藤 慶 kei kato

住宅営業部/係長/2015年入社

      
  • 1

    入社のきっかけ

    私は、前職にて集合住宅の現場担当から営業まで幅広い経験を積みました。転職の際に「次の仕事は、直接エンドユーザーと接することのできる営業職にしたい」と考えました。
    数ある住宅メーカーの中から協和コーポレーションを見付け、採用情報を読んだ時、業務内容として住宅以外にもマンション・ビル・店舗・介護施設などの設計・施工から管理業務やメンテナンス、アフターサービスまで、自社で一貫して行っていることに感銘を受け、入社を決意しました。
    入社後、希望した住宅営業部に配属されました。土地の仕入れから物件コンセプト決め、間取り、各種仕様決めなど、企画から販売まで全ての工程に携われたため、驚きました。

  • 2

    仕事内容と、やりがいについて

    住宅販売を担当しており、建物の企画から販売、引渡まで一貫して携わっています。全てを手造りする建物は、お客様に気持ちが伝わるため、常に寄り添い、夢をかなえられるように心掛けています。
    そのため、営業ではお客様のライフスタイルや住宅への思いを、深くまで聞き取るようにしています。最初はお客様のプライベートを聞くことに戸惑いもありました。話の仕方によっては、単なる営利目的として捉えられる可能性もあるため、難しく感じることもありました。しかし、その後、私が企画から携わった住宅を気に入って購入したお客様から感謝の言葉をいただいたことで、この仕事のやりがいを実感しました。
    私たちが建てた家で楽しく生活しているお客様を見ると、とても嬉しく思います。

  • 3

    仕事で気を付けていること

    注文住宅は土地の購入時から建物の打合せ、施工中から引渡しまで、とても長い間、お客様と接します。私もかつてお客様とのトラブルで「打合せの段階と話が違う」と言った・言わないの話になり、担当を変えられたことがありました。それからは打ち合わせの内容を議事録に残し、みんなで共有しています。これにより、連絡の不備も無くなり、お客様の希望が全て取り入れられるようになったため、お客様からも大変喜ばれるようになりました。

一日のスケジュール

  • 8:30出社・職場清掃
  • 9:00朝礼・ミーティング
  • 9:30事務処理
  • 11:00現場確認
  • 12:00昼食
  • 13:00営業活動
  • 19:00帰社・事務処理
  • 19:30退社

今はあらゆる住宅メーカーがあるため、特色のある物が残っていく時代だと感じています。これからは、その土地に合ったコンセプトや、新商品の開発など、他には無い商品造りが大事になります。時代の流れにアンテナをはり、快適で住みやすく、お客様に喜ばれる飽きの来ない住宅を提案していきます。
また、新築の住宅に限らず、中古物件のリノベーションなど、今までやっていなかったことにも積極的に取り組み、遊び心のある面白い住宅を提案していきます。

先輩からひと言

個人のお客様と接する業務が初めてということで、最初は戸惑ったかもしれませんが、そこは持ち前のコミュニケーション能力の高さを活かし、お客様との折衝は早く慣れたと思います。
業務に関しては、こまめにメモをとる癖や先輩・上司から教えられたことを後から復習する努力の甲斐があり、営業成果が着実に伸びていきました。
入社2年目には主任、4年目にして係長に昇格し、今後は個人目標だけでなく、部全体・会社全体に目を向けた行動に期待しています。

top