谷本 裕哉 hiroya tanimoto

名古屋本社/2016年入社

      
  • 1

    入社のきっかけや入社後の感想

    もともと住まいに関わる仕事に就きたいと思い、弊社が取り扱っている住宅に興味を持ち入社しました。入社前から各部署にアルバイトとして働き、実際の雰囲気を体験できたことも決め手として大きかったです。
    入社後は1か月の研修を終えて、部署に配属になりましたが、最初の週にいきなり飛び込み営業を行いました。
    初回は上司と一緒に行いましたがとても不安でした。その時のお昼に食べたカレーは忘れられません。

  • 2

    現在の仕事の内容やエピソードなど

    主にマンション等の土地活用の受注営業を行っています。土地探しから事業計画の提案、場合によっては地主様への飛び込み営業なども行います。
    入社して3か月がたった頃に、上司と一緒に初めて案件を担当させてもらいました。 その案件は確認不足などもあり一人で商談をすることになり、自分では一人で説明できる自信がありましたが曖昧な部分が多く、お客様に安心してもらえる説明ができませんでした。しかし、上司は結果よりもその時の自分の行動についてのアドバイスをしてくださいました。その時「想定外の事態が起こった時の行動によって結果が雲泥の差になるため、瞬時の判断が大切だ」という事を学び、その後はその時の失敗を活かして自分一人ではなく上司や他部署と協力し、無事成約する事ができました。
    まだまだ学ばなければいけないことも多いですが、過去の経験などから精神的にも強くなれたと感じます。考え方も入社当時と比べると柔らかくなってきたと思います。

  • 3

    職場での良い点・やりがいなど

    ベテランの先輩が多い職場ですが、自分が困っていると気にかけてくれる方や穏やかに接してくれる方が多いので暖かな職場です。
    自分がいる部署は、金額が億を超えることも少なくはありません。お客様に商品(建物)を気に入ってもらうことももちろんですが、営業担当者個人を信頼して頂かないと契約には結び付かないと思います。お客様にとって何が一番良いか、またお客様がどう感じるかなどを考えるように気を付けています。お客様の気持ちを無視していては信用されないと思います。
    お客様の人生で一番高い買い物になると思いますので、それを信頼して任せてもらえるのは、とてもやりがいのある仕事だと思います。

一日のスケジュール

  • 9:00朝礼
  • 9:10土地情報の確認
  •    営業資料準備
  •    事業計画書作成
  • 12:00昼食
  • 13:00お客様打合せ
  •    初訪
  •    現地調査
  • 17:30帰社、事務処理
  • 19:30退社

お話させていただく人は目上の方ばかりなので、そんなお客様とも話ができるようになるために、まずは専門知識の習得が形となってわかる資格取得を目指して勉強中です。また知識だけではなく、人間としての力・魅力も磨いていきたいです。
お客様に建物を気に入って頂くことももちろんですが、営業担当者個人に魅力や信頼性がないと契約に結びつかないと思います。「この人に頼めば大丈夫。安心して任せられる」と思ってもらえるような営業になるのが目標です。

先輩からひと言

営業の面白さは自分の個性を存分に発揮できることです。他の営業マンが売れない案件でも自分なら売れることも多々あります。このように自分の個性を出せて、売り上げ結果から自分を客観視できる仕事はありません。
また、営業はテクニックではなくハートが強ければやっていける仕事です。飛び込み営業から始まり最初は辛い思いもしたかと思いますが、その甲斐あって一棟で目標額を達成できるような大型案件を受注することが出来ました。
今後の努力により十分にトップ営業になれると思います。今では真面目で誠実な彼の人柄に信頼を置いているお客様や同僚がいます。これから名古屋本社を引っ張っていく存在として頑張って下さい。

top